動物実験に対する取り組み

動物福祉について

公益財団法人ヒューマンサイエンス振興財団の動物実験実施施設認証を取得しました。

 

財団法人ヒューマンサイエンス振興財団の動物実験実施施設認証(JHSF:CALAC 認定証) certificate-e

 

リンクをクリックいただくと、PDFファイルでご覧いただけます

・ 認定書 (日本語版)

・ 認定書 (英語版)

 

弊社では、動物愛護に関する国際的規制・動向を踏まえて、動物実験に際して動物実験委員会を設置したうえで、委員会において動物実験計画が「動物実験3Rの原則」に基づいた適正なものであることを確認しております。

動物実験3Rの原則

■ Replacement

動物を使用しない実験方法への代替

■ Reduction

実験動物数の削減

■ Refinement

実験方法の改良により実験動物の苦痛の軽減

 

弊社では、「動物実験3Rの原則」に基づき、腹水法は実施しておりません。

 

動物実験における倫理的配慮

弊社では、「動物の愛護及び管理に関する法律」および「厚生労働省の所管する実施機関における動物実験等の実施に関する基本指針」等を踏まえたITM動物実験規程を制定し、動物愛護の観点に配慮しつつ、科学的観点に基づいて実験動物の飼養管理および動物実験を適正に実施しております。 また、動物実験委員会を設置し、全ての動物実験計画について動物実験3Rの原則から、厳正に倫理審査を実施しております。さらに、動物実験の実施状況については、自己点検・評価を行い、 動物実験の科学性と倫理性の維持・向上に努めております。

実験動物技術者資格認定を推奨

弊社では、動物の飼養、および動物実験の担当者には、適正な技術で安全に実験動物管理を遂行できるよう、日本実験動物協会認定による実験動物技術者資格の取得を推奨しております。現在、実験動物を取り扱う全ての研究員は、実験動物技術者の資格認定を受けております。

 

 

抗体作製のITMへのお問合せはこちら

ページトップへ