概要

近年、分子標的医薬の市場は急速に拡大しており、GPCRに代表される膜たんぱく質に対する抗体作製が急務となっております。膜たんぱく質に対する抗体作製は、従来から行われているELISAでのスクリーニングでは限界がありました。本サービスでは、オプションにありますフローサイトメトリーによる評価を、スクリーニングの全工程でご利用いただけます。

内容

  • モノクローナル抗体作製標準コースの全工程で、フローサイトメトリーによる評価がサンプル数に制限なくご利用いただけます。例えば、一次スクリーニングからハイブリドーマの培養を行っている全ウエル(96ウエルマイクロプレート4枚)について、フローサイトメトリーによる評価が可能となっております。
  • ELISAによるスクリーニングを追加した場合も、追加費用はございません。
  • その他のオプションにつきましては、標準コースに準じております。
  • 一次スクリーニング後、41ウエル以上のご選択でも追加費用はございません。
  • 二次スクリーニング後、7ウエル以上の一時凍結保存でも追加費用はございません。

オプションについては、こちらを参照

マウスモノクローナル抗体標準コース
ラットモノクローナル抗体標準コース

抗原
免疫用抗原についてのご相談はこちら

  • 可溶性抗原は2mg/mL以上の濃度でお願いいたします。
  • 低濃度の場合には、免疫分だけ濃縮して使用いたします (濃縮による変性等の情報を事前にご提供いただきます)。
  • 免疫用抗原は600ug程度が最小量(マウス3匹)でございますが、抗原性によって異なる場合があります。
  • 防腐剤は添加しないようお願いいたします。
  • 毒性等については、事前にお知らせください。
  • 感染の危険がある抗原については、お断りさせていただくことがございますので、事前にお問合わせください。
  • 試料の送付時の送料については、お客様のご負担とさせていただきます。
  • お客様が抗原を準備できない場合は、ご相談ください。
  • 免疫原がお客様から提供がなかった場合(キャリアタンパク質との結合など)の費用は別途ご請求申し上げます。
  • 安定発現細胞株の免疫が可能です。
免疫・マウス3匹、あるいは、ラット2匹(最短2週間)
  • BALB/cマウス3匹、あるいは、WKYラット2匹に免疫(腸骨リンパ節法では尾根部へ原則1回)いたします。
  • 免疫中に動物が死亡した場合は、お客様とご相談の上、対応いたします。
免疫・マウス3匹、あるいは、ラット2匹(最短2週間)
  • BALB/cマウス3匹、あるいは、WKYラット2匹に免疫(腸骨リンパ節法では尾根部へ原則1回)いたします。
  • 免疫中に動物が死亡した場合は、お客様とご相談の上、対応いたします。
血清・リンパ節採取
動物の血清および腸骨リンパ節を採取します。
細胞融合・HAT選択
採取したリンパ節から得られたリンパ球とミエローマを用いて細胞融合し、96ウエルマイクロプレートを用いて培養します。
一次スクリーニング
FCMによる一次スクリーニングを行います。
中間報告1
  • 一次スクリーニングの結果を報告し、お客様に24ウエルマイクロプレートに移すウエルを選択していただきます (最大40ウエル)。
陽性ウエルであれば、41ウエル以上のご選択でも追加費用はありません。
二次スクリーニング
FCMによる二次スクリーニングを行います。
中間報告2
  • 結果をご報告し、お客様にクローニングする陽性ウエルを選択していただきます。陽性ウエルであれば、41ウエル以上のご選択でも追加費用はありません。
  • お客様の方でスクリーニングを実施後にクローニングをご希望される場合、細胞を一時凍結保存し、培養上清をお送りいたします。
(オプション)
7ウエル以上をクローニングする場合は有償 (ELISAでスクリーニングする場合¥120,000/ウエル)。
7ウエル以上をクローニングする場合は有償 (FCMでスクリーニングする場合¥120,000/ウエル)。
クローニング
  • ご選択の6ウエルを限界希釈法によりモノクローン化いたします。
  • 一次スクリーニング、および、二次スクリーニングの2回のスクリーニングを実施いたします。
  • 確立したクローンのアイソタイプを測定いたします。
(オプション)
7ウエル以上をクローニングする場合は有償 (ELISAでスクリーニングする場合¥120,000/ウエル)。
7ウエル以上をクローニングする場合は有償 (FCMでスクリーニングする場合¥120,000/ウエル)。
中間報告3
  • クローニング後のスクリーニング結果をご報告いたします。
  • 確立できないウエルがあった場合には、再クローニングいたします (実施条件あり)。
抗体産生ハイブリドーマ確立
  • 確立したクローンを拡大培養し、凍結保存いたします。
納品(最短8週間)
  • ハイブリドーマ、培養上清、および、作業報告書を納品いたします。
  • 弊社より直送いたしますが、ご請求や支払いなどは代理店が承ります。
注)
お客様から免疫用抗原の提供を受け、ELISAでの陽性ウエルを直ちにクローニングした場合、最短8週間でハイブリドーマを納品いたします。お客様のスクリーニング期間により納期は変動いたします。

一般的な細胞膜受容体

ハイブリドーマの権利について

お客様に納品したハイブリドーマの所有権は、お客様に帰属いたします。

なお、論文発表等の際には、マウス腸骨リンパ節法を用いて作製された内容、および、弊社で作製された内容をご記載いただく必要がございます。

標準価格

¥1,980,000

その他

  • 免疫原はお客様の実費とさせていただきますので、上記価格には含まれておりません。
  • フローサイトメトリー以外の追加スクリーニングについては、ELISAのみ無償対応といたします。
  • 免疫、スクリーニング方法にかかる細胞、試料の組み合わせについては、作業開始前に綿密なご相談をいたします。
  • 安定発現細胞株の培養に必要な試薬類 (基礎培地、抗生物質、FBS等の添加物)は、お客様よりご提供いただきます。

フローサイトメーターコースでの抗体作製実績

  • 一般的な細胞膜受容体
  • 12回細胞膜貫通タンパク質
  • 抗イディオタイプ抗体

フローサイトメータースクリーニングコースのページトップへ