株式会社アイティーエム動物実験規程(概要)

 

 株式会社アイティーエムでは、動物実験に関する法令・告示・指針・ガイドラインを踏まえた「ITM動物実験規程」を制定し、動物愛護の観点に配慮しつつ、科学的観点に基づいて実験動物の飼養管理および動物実験を適正に実施してまいります。

1.責務
代表取締役社長は、株式会社アイティーエムにおける動物実験の実施に関する最終的な責任を有し、動物実験委員会を設置し適正な動物実験の実施を図っております。 また、動物実験責任者は、すべての動物実験の実施について、動物実験計画書を策定し、承認後、動物実験を実施し、その結果を代表取締役社長へ報告しております。
2.動物実験の審査と承認
すべての動物実験計画について、動物実験委員会が審査し、承認された実験のみを実施しております。申請されたすべての動物実験計画について、厚生労働省の所管する実施機関における動物実験等の実施に関する基本指針及び弊社動物実験規程を踏まえて、動物福祉、科学的合理性の観点から動物実験委員会が客観的に審査いたします。その審査結果を基に実験計画の可否を代表取締役社長が判断し、承認された動物実験のみが実施されております。
3.教育訓練
実験動物管理者、動物実験実施者及び飼養者に対して、教育訓練実施の年間計画に基づき教育訓練を実施し、法令や社会環境の変化ならびに科学の進歩に対応した動物福祉の理解に努めております。また、動物実験実施者には動物実験技術者を配置し、実験動物の取り扱いに対して必要十分な配慮をしております。
4.自己点検評価
動物実験委員会は、機関内にて実施された動物実験等に関して、法令・指針・機関内規程等への適合性について、毎年1回以上自己点検を行っております。 2016年度、機関内で定めた手順書に則って、動物実験施設及び実施状況を自己点検・評価し、適切な実施を確認いたしました。

抗体作製のITMへのお問合せはこちら

ページトップへ